ソフトバンク、藤枝市と児童の登下校お知らせサービス実験

 藤枝市(市長:北村 正平)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)は、2016年6月に締結した包括連携協定に基づき、ソフトバンクが市内に敷設したLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークを活用した「藤枝市小1児童登下校お知らせサービス実証実験」を、2017年10月16日から市内の一部小学校で先行開始します。

 今回開始するのは、ソフトバンクが市内広域に敷設したLPWAゲートウェイと、市内の小学校の昇降口付近に設置したBLE(Bluetooth(R) Low Energy)ゲートウェイを活用し、小学1年生に配布したトラッカーデバイスがGPSによる位置情報や昇降口の通過情報を検知して、保護者のスマートフォンなどのブラウザーアプリ上に位置を表示したり、保護者へ通知したりするサービスの実証実験です。トラッカーデバイスのボタンを押すと、事前に登録されたメールアドレス宛にお知らせ通知が届く機能も搭載しています。

 従来の同様のサービスは、3Gや4Gなどの通信ネットワークを利用することが多く、通信トラフィックや電池に対する負担が大きいという課題がありました。今回ソフトバンクが市内広域に敷設したLPWAネットワークと、ピンポイントでリアルタイムな測位を得意とするBLEネットワークの長所を生かしたハイブリッド型デバイス、そしてソフトバンクのIoTプラットフォームを活用することにより、より省電力で広域な通信が可能となります。

 藤枝市は、まず藤枝市立青島小学校の1年生を対象に先行開始し、2018年1月から市立小学校全17校に拡大する予定です。ソフトバンクは、今後も藤枝市とのIoT分野における連携を強化し、LPWAネットワークを活用したさまざまなサービス開発・実証に取り組んでいきます。

以上

 ・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
 ・Bluetooth(R)は、米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。
 ・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です