SBIベリトランス、シルバーエッグ・テクノロジーと代理店契約しECサイト事業者にレコメンドエンジンを販売

 オンライン決済ソリューションを提供するSBIベリトランス株式会社(東京都港区 代表取締役: 沖田 貴史 以下、「SBIベリトランス」)は、レコメンドエンジンを提供するシルバーエッグ・テクノロジー株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長兼CEO:トーマス・フォーリー、以下「シルバーエッグ」)と、レコメンドサービス(ECサイトでお薦め商品を表示する仕組み)に関する販売代理店契約の締結を完了し、レコメンドサービス「Aigent」シリーズの販売を開始することを発表します。

 SBIベリトランスは、主力のオンライン決済以外にもオンラインマーケティングの分野で、レコメンドエンジンやクチコミ促進サービスなど、ECサイト内でのコンバージョン率※の向上をテーマとしたサービス事業を展開しております。この度の販売提携により、SBIベリトランスは、大手通販を中心に豊富な実績を有するシルバーエッグのレコメンドエンジン「Aigent」を中核とするレコメンドサービスをラインアップに加え、より幅広いサービス体制にて販売展開を行ってまいります。

 ECサイト運営事業者にとって、レコメンドサービスの導入は、ユーザーの商品へのリーチを早め、購買率の増加に繋がるため、サイトの売上を拡大させる戦略的手法の一つとなり得ます。
 レコメンドエンジン「Aigent」は、人工知能技術により、ユーザーの閲覧・購買行動からユーザーの次のニーズを動的に予測できるサービスです。業界で一般的な協調フィルタリング(嗜好パターンの類似性をグループ化)に、ベイズ理論(確率推論)や相関のリアルタイム更新(推奨商品をリアルタイムで計算)など高度な技術を早くから組み合わせたもので、2003年にASP形式のレコメンドエンジンとして販売され始めました。
 それ以来、その品質とサポート力が評価され、日本国内の大手通販会社(千趣会、ニッセン、ベルーナ、ジュピターショップチャンネル、QVCジャパン、ファンケル)などで利用されています。

 SBIベリトランスは、今後もEC事業者がECサイトやコンテンツ提供サイトの運用・管理を行う際に発生する課題を解決するべく、サービスの強化を図り、ビジネス展開を支援して参ります。

※ サイト訪問者数に対して実際に取引に結びついた人の割合

■ シルバーエッグ・テクノロジー株式会社
会社名 :シルバーエッグ・テクノロジー株式会社
大阪本社 :〒564-0051 大阪府吹田市豊津町9-22 大同門本部ビル5F
東京オフィス:〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸84番地 サンユウビル4F
代表者 :代表取締役社長兼CEO トーマス・フォーリー
設立年月 :1998年8月
資本金 :4,600万円
事業内容 :人工知能技術を使ったウェブサービス・技術の提供(レコメンデーション)
公式サイト:http://www.silveregg.co.jp/
ご参:http://www.kenja.tv/kenjadetail_8512 (賢者.tvでの動画による紹介)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です