毎日新聞、「iPad」向け特別編集版「Mainichi iTimes」を配信

  毎日新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:朝比奈豊)は31日、米アップルの新型携帯端末「iPad(アイパッド)」向けに6月1日から、日刊の特別編集版「Mainichi iTimes(マイニチ アイタイムズ)」の配信を始めると発表した。

 配信は、iPadの国内販売契約を米アップルと結んだソフトバンクのデジタル配信会社ビューン(本社:東京都港区、蓮実一隆社長)が同日から始めるサービス「ビューン」を通じて行う。「ビューン」はiPadのほか、iPhone(アイフォーン)やソフトバンク携帯電話向けに、30種以上の新聞、雑誌、テレビニュースのコンテンツをパッケージで配信する。

 毎日新聞社は、美しい液晶で高い閲覧機能を持つiPad向けに、本紙夕刊のニュースを中心に記事を選択して15-20ページ構成にした「Mainichi iTimes」を提供します。さらに、本社発行の「サンデー毎日」と「週刊エコノミスト」の記事の一部も配信、携帯電話向けにはニュース速報も提供する。

 「ビューン」サービスの利用料金はiPadが月450円、iPhoneが350円、ソフトバンク携帯電話が月315円(いずれも税込み)。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です