セイノーホールディングス、電子商取引サポートの新会社を設立

 セイノーホールディングスは5日、電子商取引市場の拡大に対応して、EC サイト構築支援・運営、物流、決済代行、売掛金流動化などを一括して提供する子会社「セイノーフィナンシャル」を設立すると発表した。主に中小の顧客を対象に電子商取引をトータルにサポートする。

 セイノーフィナンシャルは本社を東京都中央区に置き資本金は1000万円で制ノーホールディングスが100%出資する。4月28日に設立の予定。従来のECサポートは、宅配便によるBtoC 通販が中心でしたが、セイノーグループの宅配便から重量物まで取り扱える強みを生かし、大型貨物のBtoC 通販やネットスーパー、企業間のインターネット販売など、潜在する需要を掘り起こし、新たな市場を構築する。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です