インデックスHD、インデックスと100%子会社のアトラスを吸収合併

 インデックス・ホールディングスは30日、連結子会社のインデックスと100%子会社のアトラスの2社を吸収合併することを決めた。インデックスHDはモバイル関連事業に経営資源を集中するため、関連会社の売却などによるリストラを進めてきたが、今後の事業の中核となる2社を合併することで、管理機能や事業の執行機能を統合し、事業基盤を強化する考え。

 インデックス・ホールディングスを存続会社、インデックスおよびアトラスを消滅会社とする吸収合併により、経営を統合する。インデックス・ホールディングスは純粋持株会社から事業持ち株会社となり、グループの中心事業会社としてグループ全体のシナジー効果を高め、グループ価値の最大化を図るとしている。

・合併の詳細は下記の通り
(1)合併の日程
 1)合併承認取締役会(当社、インデックス、アトラス): 平成22年8月30日(予定)
 2)合併契約締結: 平成22年8月30日(予定)
 3)合併の予定日(効力発生日): 平成22年10月1日(予定)

※(注)本件合併は、当社におきましては会社法第796条第3項に規定する簡易吸収合併であり、インデックスおよびアトラスにおきましてはそれぞれ会社法第784条第1項に規定する略式吸収合併であるため、いずれも株主総会の決議による承認を受けることなく行う予定であります。

(2)合併の方法
 当社を吸収合併存続会社、インデックスおよびアトラスを吸収合併消滅会社とする吸収合併方式であり、インデックスおよびアトラスは解散いたします。

(3)合併に係る割当ての内容
 1)株主の割当比率
  インデックスの普通株式1株に対して、当社の普通株式940株を割当て交付いたします。ただし、インデックスの発行済み株式2,530株のうち、当社が所有する2,424株につきましては、本件合併に係る株式の割当ては行いません。
  なお、アトラスは、当社の100%子会社であるため、本合併による株式その他金銭等の割当てはありません。

 2)合併により発行する新株式数等
  当社普通株式99,640株

(4)合併比率の算定根拠等
 当社は、インデックスの株主に対する当社株式の割当比率の算定にあたり、独立第三者の算定機関に割当比率の算定を依頼し、算定結果の報告を受けました。
 かかる算定の結果を参考に、当社およびインデックスは両社で慎重に協議を行った結果、最終的に上記の比率とすることを決定いたしました。

(5)消滅会社の新株予約権および新株予約権付社債に関する取扱い
 インデックスおよびアトラスは、いずれも新株予約権および新株予約権付社債を発行しておりません。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です