ヤフーとCCC、ポイントサービスなどで連携

 ヤフーとカルチュア・コンビニエンス・クラブはポイントサービス、広告事業、地域事業、インターネットサービスの事業領域で包括的に業務提携すると発表した。ポイントサービスでは年内にヤフーが運営する電子モール「ヤフー!ショッピング」でCCC運営の共通ポイント「Tポイント」を採用する。ヤフーユーザーは「Yahoo!ポイント」もしくは「Tポイント」のどちらかを選択できる。「ヤフー!オークション」などでのポイント連携も検討していく。ヤフーが他社のポイントサービスを導入するのは始めて。

▽提携の目的ポイントサービス以外の提携事業の概要は下記の通り

1.業務提携の理由
 1か月あたり約5,213万人のユニークカスタマー数(*1)を誇る日本国内最大級のインターネットサイトを運営するYahoo! JAPANと、日本の人口の約4分の1にあたる3,500万人超の会員を有するCCCは相互の事業発展や競争力強化を目指すため、包括的業務提携に関する基本合意を締結いたしました。今回の業務提携により、両社それぞれが強みとするインターネット上のネットワーク、リアル店舗でのネットワークにおける顧客基盤およびプラットフォームを連携することで、各サービスの利便性向上、また、インターネットとリアルにおける経済圏の共同構築を目指していきます。

・広告事業連携
 インターネットとリアル連動型の新規広告商品の開発や、広告商品の効果検証等、広告事業連携に向け協議いたします。

・地域事業連携
 両社の地域戦略に基づき、Yahoo! JAPANの持つ地域情報サービスおよびCCCの提供するTポイントサービスに関する相互営業等に向け協議いたします。

・インターネットサービス連携
 両社が持つエンターテインメント関連サービスやコンテンツの連携、新たなエンターテインメント関連サービスの構築、および新たなインターネットとリアル連動型サービスやコンテンツの連携等、インターネットサービス連携に向け協議いたします。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です