横浜地裁、野副富士通元社長の地位保全請求を却下

 横浜地裁は野副州旦元富士通社長による地位保全請求を却下した。野副氏は富士通の他の役員により、不当に辞任させられたとして、代表取締役の地位保全を求めていたが、裁判所は野副氏の辞任は任意だったとして、請求を認めなかったという。野副氏側はこの決定を不服として即時抗告の申し立て手続きをとったとしており、闘いはしばらく続きそうだ。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です