LINE、「LINEマンガ」上での広告配信を開始

LINEの運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」、新たに「LINEマンガ」上での広告配信を開始
アプリダウンロード数1,700万件超の「LINEマンガ」への展開で、より幅広いユーザーへのリーチが可能に
動画広告にも対応

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」において、新たに「LINEマンガ」上での広告配信を開始いたしましたので、お知らせいたします。

「LINE Ads Platform」は、「LINE」および「LINE」関連サービスを対象として、2016年6月から「LINE」のタイムライン及び「LINE NEWS」サービス内での広告配信の本格運用を開始いたしました。以来、2017年9月末時点で約3,000の企業・ブランドに利用されております。

この度、「LINE Ads Platform」では、ブランド広告企業におけるマーケティング活動の最大化を目的に、新たに「LINEマンガ」上での広告配信を開始(*1)いたしました。

*1:サービス開始時は「LINEマンガ」アプリのみでの配信となります。仕様は発表当時のものであり、今後変更される可能性がございます。
*1:サービス開始時はiOSのみの対応となります。Androidへは順次対応いたします。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です