GMOデジタルコンテンツ流通、ソフトバンクグループ企業と連携し「デジタルコンテンツ王」によるライブ動画の有料配信サービスを開始

GMOインターネットグループのGMOデジタルコンテンツ流通株式会社(代表取締役社長:服部直人 以下、GMOデジ通)は、ホームページやブログなどのウェブサイトからデジタルコンテンツを安全・安心に販売できる、DRM付きのデジタルコンテンツ販売ASPサービス「デジタルコンテンツ王」(URL:http://haishin.tv/)を、ソフトバンクグループのTVバンク株式会社(代表取締役:中川具隆 以下、TVB)が運営する多人数同時動画配信システム「BBブロードキャスト」(URL:http://www.tv-bank.com/jp/about_bbb.html)に連携し、ライブ動画の有料配信向けのサービスを実現いたしました。2009年12月21日(月)より提供を開始いたします。

【「デジタルコンテンツ王」について】(URL:http://haishin.tv
  GMOデジ通が提供する「デジタルコンテンツ王」は、インターネットを通じて、Windows Media 形式の音声や動画、PDF化されたドキュメント、Flashで制作された電子書籍(e-book)やゲームなどのデジタルコンテンツをダウンロード型(ファイル提供型)販売する際に必要なDRM(Digital Rights Management)機能と課金・決済機能をワンストップで提供する、ASP型(システムの貸し出し型)のサービスです。
 「デジタルコンテンツ王」を利用して暗号化したデジタルコンテンツ(ファイル)を、既存のホームページやブログなどからダウンロードできるようにするだけで、特別な作りこみを行うことなく、簡単に販売が可能になります。決済手段としては、クレジットカード(VISA、MASTER、JCB)、電子マネー”Edy”、WebMoneyに対応しております。
 また、課金を伴うコンテンツの販売だけでなく、キャンペーンでの無料提供などを想定し、特定の消費者にコンテンツを限定的に提供する際の「アクセスコードによる視聴・閲覧制限」を設定する機能も標準でご利用いただけます(「キャンペーン機能」)。

【「BBブロードキャスト」について】(URL:http://www.tv-bank.com/jp/about_bbb.html
  TVBが提供する「BBブロードキャスト」は、インターネットで多くのユーザーに動画をライブ配信するための仕組みです。オーバーレイ・マルチキャストと呼ばれる一対多通信を実現するP2P技術をベースとしており、各ユーザーのパソコンがサーバーより送信されてきた動画データを他のパソコンに次々と相互に転送し合うことで、ネットワークや配信サーバーへの負荷を軽減しつつ特定の多人数へ同時に高画質の動画コンテンツの配信が可能です。過去最大同時接続数は 768kbpsの高画質配信で79,227人、過去最大トラフィックセーブ率は96%を誇ります。視聴のためのクライアントアプリケーションは既に 1,000万ダウンロードを達成しております。

【連携により実現される「ライブ動画有料配信サービス」について】
 「デジタルコンテンツ王」が持つ動画へのDRM付き課金決済の機能と、「BBブロードキャスト」が持つ多数ユーザー向けの高効率な動画配信機能を連携させた、1日単位での利用が可能な、数万人規模のアクセスが想定されるライブイベントにもお使いいただける有料配信サービスです。

◎詳細は同社ホームページ参照
http://www.gmo.jp/news/article/?id=3526

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です