楽天、フランス最大のECサイト運営会社を買収

 楽天は17日、フランス最大のEC(電子商取引)サイト運営会社、PriceMinister社(パリ市)の株式を取得し、子会社化することを決めた。PriceMinister 社の株式を100%取得し、完全子会社化することで、フランスでの拠点を確保し、楽天の事業ノウハウを活用して、PriceMinister 社のECサイトの魅力を高め、欧州地域での成長を加速させるとしている。また、楽天の日本、アジア、米国、欧州にまたがるネットワークを活用し、商品の相互供給などを通じて、世界規模でのEC 事業を拡大・発展させたいとしている。

 買収は楽天がルクセンブルクに保有する子会社、を通じPriceMinister 社の既存株主より株式を買い取る方式で行う。買収額は2億ユーロと見込んでいる。


▽同社発表の買収の目的などは下記の通り
当社は、商品登録数58 百万点を超える日本No.1 インターネット・ショッピングモール「楽天市場」等を運営する総合インターネットサービス企業であり、BtoC(企業対個人)EC 事業者としては世界第2 位の売上を有しています。このような日本市場での圧倒的な地位を背景に、当社は事業のグローバル展開を進めており、既に台湾やタイでEC 事業を開始しています。今年に入り、中国において合弁会社を設立し、本格的な事業開始に向け準備を加速しているほか、米国においても有力EC 事業者を子会社化、インドネシアでも合弁会社を設立することを発表しております。
また平成20 年には、ルクセンブルクに楽天ヨーロッパ S.a.r.l.を設立し、欧州市場への進出を検討してまいりました。欧州地域は、各国におけるEC 市場が加速度的に成長しており、今後もさらなる拡大が見込まれる市場であるとともに、日米などの成熟した消費者の選択眼にかなう良質な商品の供給地としても高い価値を有するものと考えております。PriceMinister 社は、平成12 年に設立され、フランスを中心に英国やスペインにおいてEC事業を展開し、また旅行価格比較サイトおよび不動産情報サイト等も運営する欧州を代表するインターネット企業です。同社のEC サイト「Priceminister.com」では、約12 百万人の会員に対して、CtoC(個人対個人)、BtoCのサービスを展開し、月間サイト訪問者数はフランス国内では第1 位の11 百万人、商品数は160 百万点にのぼります。当マーケットプレースには、売主として企業店舗が約21,000 店、個人出品者が約10 万人参画しています。流通総額*1、売上高共に順調に伸びており、特に平成22 年度第1 四半期における売上高は前年度同期比で25%超の成長率を示しています。
PriceMinister 社の株式を100%取得し、完全子会社化することで、当社は欧州で最も成長著しいEC 市場を有するフランスでの拠点を確保することができ、当社がこれまで培ってきたインターネット・ショッピングモール運営に係る店舗開拓・サポート等の事業ノウハウを活用して、「Priceminister.com」をより魅力的なEC サイトへと進化させるべく様々な施策を通じて強化し、フランスならびに欧州地域における同社のさらなる成長を加速させてまいります。また、日本・アジア・米国・欧州にまたがるネットワークを活用し、商品の相互供給などを通じて、世界規模でのEC 事業を一層拡大・発展していきます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です