CCC、連結子会社のデジタルハリウッドを売却へ

 カルチュア・コンビニエンス・クラブは29日、連結子会社であるIT関連の人材育成会社、デジタルハリウッドの株式をデジタルハリウッド社長の古賀鉄也氏の個人会社であるDHインベストメントとデジタルガレージに売却すると発表した。CCCは74.67%を保有しているが、売却により、保有比率は16.94%に低下、DHインベストメントが筆頭株主となる。売却額は5100万円。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です