鳩山首相辞任に賛同は47%、小沢幹事長辞任に賛同は76%--medibaのモバイル調査

 KDDIのネット広告子会社、 mediba(東京・港区)は同社のリサーチ専用会員を対象に、「鳩山首相辞任表明」に関するモバイルリサーチを実施した。辞任に賛同できると回答したのは全体の46.8%、小沢幹事長の辞任に対しては77.5%が賛同できると答えた。次の総理大臣にふさわしい候補は菅直人氏が16.3%でトップだが、群を抜く支持を集める候補はいない。
   概要は下記の通り。

 ■「鳩山首相辞任表明」に関する調査 結果要約
1. 鳩山首相辞任に対する賛否
  鳩山首相の辞任に対する賛同できる(非常に賛同できる・賛同できるの計)は全体の46.8%、賛同できない(賛同できない・全く賛同できないの計)は21.5%と「賛同できる」が上回っている。

2. 小沢幹事長辞任に対する賛否
  小沢幹事長の辞任に対する賛同できる(非常に賛同できる・賛同できるの計)は全体の77.5%、賛同できない(賛同できない・全く賛同できないの計)は6.0%と「賛同できる」が上回っている。

3. 民主党連立政権での次期総理大臣について
  現民主党連立政権内での次期総理大臣にふさわしい候補は菅直人氏が16.3%と最も支持されている。次いで、前原誠司氏(13.8%)、蓮舫氏(10.3%)、岡田克也氏(8.3%)の順。また、現民主党連立政権内には「ふさわしい人はいない」との回答が39%となっている。

4. 最も支持している政党
  支持政党では「民主党(14.5%)」、次いで「自由民主党(12.0%)」、「みんなの党(7.5%)」「公明党(4.5%)」の順。
  特定支持政党を持たない無党派層は53%と半数を上回る。

■調査概要
・調査方法:mediba保有会員に対してモバイルで調査(クローズド調査)
・調査目的:6月2日、鳩山首相(民主党)の総理大臣辞任意向の表明による世論の状況を明らかにすることを目的として本調査を実施する。
・調査地域:全国
・調査期間:2010年6月2日12:00~14:00
・有効回答数:400人(20~50代の男女 各50人)

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です