京セラ丸善システムインテグレーション、経営分析ツール「Yellowfin」の最新版提供

  京セラ丸善システムインテグレーション株式会社( 本社: 東京都港区、代表取締役社長: 鈴木 幹夫 以下KMSI) は、経営分析( ビジネスインテリジェンス、以下BI) /
レポーティングツールの最新版「Yellowfin[ イエローフィン] ver5.2」の提供を本日7 月26 日から開始いたします。
今や、BI ツールはERP( 業務統合)やCRM( 顧客管理)システムなどから抽出されるデータを、専門家に依存することなく経営者や社員が自在に分析し加工することで、
経営計画や企業戦略の策定に広く活用されています。


KMSI が提供するBI ツール「Yellowfin」の最新版ver5.2 では、BI 市場において「エンドユーザが使いやすく、企業内の運用システムに合わせて柔軟に展開・導入ができ
るソリューション」としての存在を確固たるものにするため、新機能・強化機能を提供いたします。
Yellowfin ver5.2 では、箱髭グラフ、格子グラフ、ヒートマップなど誰もが簡単に理解でき有効に使える、新しく直感的な分析可視化機能でデータ分析が可能です。
また、操作画面でのナビゲーション性の強化、利用統計レポートの提供、レポートビルダの改善により、ユーザインターフェイスも改良されています。
これらの新機能によりユーザは、わかりやすく可視化された分析結果を、あらゆるビジネス的視点から、必要に応じてさまざまに分析軸を変えながら、素早く、簡単に
レポートを表示することが可能になります。
さらに、クラスタ化が容易になり、変化・拡大を続ける企業のレポート要求にあわせて、Yellowfin プラットフォームを簡単に拡張できるスケーラビリティも改善しまし
た。これにより、大規模ユーザへの対応もできるようになります。
「データ分析機能の向上」と、「ユーザビリティ・スケーラビリティの強化」がYellowfin ver5.2 の大きな特長です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です