日本ユニシス、池袋パルコで多機能ロボットによる店舗案内と在庫確認実験

池袋PARCOで、多機能ロボット「Siriusbot(シリウスボット)」が、店舗案内と在庫確認を行います
 
 日本ユニシスと08ワークスとパルコの3社が新規開発した、純国産自走式案内ロボット「Siriusbot」が、池袋PARCOで、来店客向けの店舗案内と従業員向けの在庫確認業務を行う実証実験を10月18日から開始します。(11月4日開業予定のPARCO_ya 上野でも店舗案内を実施予定)

 「Siriusbot」は、3社共同で採択された、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(以下、都産技研)の平成28年度ロボット産業活性化事業「公募型共同研究開発事業」で、開発したロボットです。

【Siriusbot(シリウスボット)とは】
 *参考画像は添付の関連資料を参照

 「店舗案内機能」は、店舗だけでなく空港や駅ビルなど広い施設内や観光施設など多言語による案内を必要とする施設での利用も期待でき、「在庫管理機能」は、倉庫での商品管理でも活用できます。

【実証実験の概要】
 ・場所:池袋PARCO(東京都豊島区南池袋1-28-2)本館5F
 ・期間:2017年10月18日(水)~25日(水)
  ※在庫確認業務は10月20日(金)~25日(水)
 ・内容:
  i.来店客の案内(池袋PARCO 本館5F)
   <実施日時:10月18日(水)~25日(水)15:00~19:00>
    ・テナント情報や施設情報を対話形式で案内します。
    ・自律走行機能を使い、指定のテナントや施設までの移動案内を行います。
    ・海外からの来店客には、英語で対応します。
  ii.テナントの在庫確認業務(池袋PARCO 本館5F「ミツカルストア」)
   <実施日時:10月20日(金)~25日(水)営業終了後>
    ・RFIDと自律走行ロボットを活用した商品在庫確認を自動化し、従業員の支援を行います。

【背景】
 日本国内のロボット産業は、特にサービス分野での市場拡大が予測され、労働力不足など社会課題解決のための施策として、サービスロボットに注目が集まっています。

 日本ユニシスは、サービスロボットを活用し、小売業の顧客接点や従業員の業務を支援する取り組みを進めており、少子高齢化に伴う労働力不足や外国人観光客受け入れ体制強化の必要性を踏まえ、労働生産性向上のための取り組みの一環として、この共同研究開発事業を推進しています。

 都産技研が試作開発中の自律移動型案内ロボットLibra(リブラ)をベースに、ロボットによる顧客満足度や集客力の向上および従業員の業務負荷軽減を目指し、「Siriusbot」を新規開発しました。

【今後の展開】
 「Siriusbot」は、小売業だけでなく、さまざまな業種のニーズに応じた機能のカスタマイズができるロボットです。

 日本ユニシスは、この「Siriusbot」の共同研究開発事業で得られたインテグレーションノウハウを生かし、カスタマイズ型ロボットの開発・導入を推進するとともに、既に製品化されている各種の既製型のロボットのラインアップの拡充も推進し、幅広い業種に向けたサービスを展開していきます。

 また、ロボット選定・開発・費用対効果検討・KPI設定などのアセスメント、導入効果検証のための実証実験の実施、導入・運用・保守などをワンストップで提供し、ロボット活用によるユーザーの課題解決の実現に取り組みます。

以上

■商標、登録商標
 ・記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です