SBI ベリトランス、EC事業者のマーケティング支援子会社を設立

 SBI グループのオンライン決済ソリューション会社、SBI ベリトランスは21日、ケイビーエムジェイ(東京・渋谷区)と、マーケティングソリューションの合弁会社「SBI ナビ」を設立する。SBI ベリトランスは、EC 事業者向けに総合的な決済ソリューション 及び 各種インフラサービスを提供しており、両社のノウハウを結集して、EC事業者向けのサービスを強化する。


 新会社は渋谷区恵比寿に本社を置き、資本金は5000万円、出資比率はSBI ベリトランスが90%、ケイビーエムジェイ10%。サイト運営企業向けにインフラ、アプリケーションの構築やシステム運用・保守から、ビジネスモデルの提案やサービスの企画、SEO 内部対策、効果測定などのアクセス解析コンサルティングまでを一貫して提供する。
 
 両社は2006 年7 月に業務提携し、レコメンデーションサービスをASP 型で実現する「レコメンドASP サービス」を開始、同サービスは順調に拡大しているという。これまでの実績を踏まえて、新会社を設立、本格的に事業を展開する。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です