ソニー・KDDI・凸版・朝日新聞、電子書籍配信で新会社

 ソニー、凸版印刷、KDDI、朝日新聞社の4社は27日、電子書籍の配信会社を7月に共同で設立すると発表した。新会社は、書籍・コミック・雑誌・新聞などを対象としたデジタルコンテンツ向けの共通配信プラットフォームを構築・運営、年内のサービス開始を目指すという。読書二対応したデジタル端末が相次いで登場し、電子出版物への関心が、世界的に高まっていることから、参加4社は、保有する技術やノウハウを結集し、出版社や新聞社などが安心してデジタルコンテンツを提供できる環境を整備し、国内最大級の電子書籍配信プラットフォームの構築を目指す考え。

 参加4社は、他の企業にも広く門戸を開き、本事業への参加を各社に呼びかけるとともに、様々な端末でコンテンツを提供できるオープンなプラットフォームの整備に取り組む。とりあえず、企画会社としてスタート、事業会社に衣替えするが、事業会社は、出版・新聞コンテンツの収集、電子化、管理、販売、配信、プロモーションを手がけ、またそれに必要なシステムの企画、開発、構築、提供を行う予定。

■事業企画会社の概要は下記の通り。

設立 : 2010年7月1日予定
事業内容 : 電子書籍の共通配信プラットフォームの企画
資本金及び資本準備金 : 3,000万円(資本金1,500万円、資本準備金1,500万円)
出資者及び出資比率 : ソニー(25%)、凸版印刷(25%)、KDDI(25%)、朝日新聞社(25%)
取締役 : 4社各社から指名の予定
本社所在地 : 未定
従業員数 : 未定

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です