NTTドコモ、セパレートケータイ向けにプロジェクターユニットを発売

 
docomo421.jpg NTTドコモは、「docomo PRIME series(TM) F-04B」のオプション品として、写真や動画、文書データなどを投影して大画面で楽しめる「プロジェクターユニット F01」を、2010年4月30日(金曜)に発売いたします。
 「docomo PRIME series F-04B」は、画面部分(ディスプレイユニット)とキー部分(キーユニット)を分離した状態で操作することができる、世界初(※1)のセパレートスタイルが特長のモデルです。今回発売する「プロジェクターユニット F01」をディスプレイユニットに接合すると、小型プロジェクターとして携帯電話の画面に表示できるすべて(※2)のコンテンツを大画面で投影することができ、利用シーンがますます拡がります。

【 主な特長 】
(1)いつでもどこでも大画面のワンセグや写真、動画を大勢で楽しめる
 ワンセグや写真、動画、ゲームなど、画面に表示できるすべてのコンテンツが投影可能。投影する場所さえあれば、外出先でも大画面をみんなで一緒に見て楽しめます。ケーブルなどで接続する手間がなく、持ち運びも簡単。

(2)文書データを映して、プレゼンテーションも可能
 Word(R)、Excel(R)、PowerPoint(R)などの文書データを投影して、プレゼンテーションにも活用できます。メールで届いたばかりのドキュメントもその場で映せるから、効率アップ。

(3)デジカメやパソコンからの外部出力にも対応
 プロジェクターユニット単体での利用も可能。同梱のケーブル(試供品)で接続すれば、デジカメやパソコンからの出力映像を投影できます。

(4)ケータイゲームも迫力の大画面で
 iアプリ(R)やiモード(R)の画面をそのまま投影するので、ゲームなどを大画面で楽しめます。Bluetooth(R)接続により、二人で同じ画面を見ながら対戦ゲームをすることも可能。(※3)
 販売開始日 :2010年4月30日(金曜)<全国一斉>
 販売チャネル:全ドコモ取扱店
 販売価格  :オープン価格

※1:2010年3月23日現在、富士通株式会社調べ。
※2:ディスプレイユニットと「プロジェクターユニット F01」がBluetooth接続している状態では、静止画(JPEG形式)と文書データ(Word(R)、Excel(R)、PowerPoint(R))のみ投影可能です。
※3:自分と相手側が同じ画面で操作できるiアプリのみ有効

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です