ケンコーコム、医薬品ネット販売規制に関する東京地裁判決を不服として控訴へ

  健康食品や医薬品などのネット通販会社、ケンコーコムは12日、厚生労働省による医薬品のネット販売規制を盛り込んだ「薬事法施行規則等の一部を改正する省令」の無効、取り消しを求めた裁判で、東京地裁が訴えを却下した問題で、地裁の判決を不服として東京高裁に控訴すると発表した。


  厚生労働省が2009年6月に施行した「薬事法施行規則等の一部を改正する省令」で、従来、ケンコーコムが行ってきたインターネットによる通信販売が規制されたことから、従来適法に行ってきたインターネットによる一般用医薬品の通信販売を継続する権利の確認と、それらを禁止する部分の省令の無効の確認・取り消しを求めて、2009年5月25日に東京地裁に提訴した。3月末の判決では、省令の無効確認・取消し請求については却下、権利確認請求については棄却された。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です