ソニー、京セラに小型液晶ディスプレイ製造の野洲工場を売却・製造拠点を集約へ

 ソニーは31日、2009年度の構造改革の一環として、100%子会社のるソニーモバイルディスプレイの野洲工場(滋賀県)を京セラに売却すると発表した。野洲事業所の中・小型TFT液晶ディスプレイの設計と製造事業を、京セラが年6月1日をメドとして承継する。ソニーとソニーモバイルディスプレイは、中・小型TFT液晶ディスプレイの製造をSMD東浦事業所と2010年4月1日設立予定のSMD鳥取事業所に集約することで、効率化と事業強化をはかるとしている。野洲工場の従業員は京セラに転籍となる。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です