日通、デジタルガレージと通販事業者向けの支援サービスで合弁会社

 日本通運は26日、デジタルガレージと合弁で電子商取引を利用する通販事業者の業務を支援する新会社を6月1日に設立することで合意たと発表した。販売、受注から決済、在庫管理、出荷配送、代金回収までを一貫して提供し、より効率的で、コスト削減を実現する。インターネット上でのマーケティングから物流までをトータルにサポートするのは初めてという。
 
 日通の物流ネットワークとデジタルガレージのITのノウハウを組み合わせて、「リアルとバーチャル」を結びつけた統合サービスを提供する。 4月に設立準備室を発足、新会社の設立と新事業の開始に向けた準備を進める。サービス開始は10月1日の予定。


◆合弁会社の概要
 (1)商号     : 未定
 (2)設立     : 2010年6月1日(予定)
 (3)資本金    : 1億円(資本準備金1億円)
 (4)本社所在地 : 東京都渋谷区(予定)
 (5)事業内容  : インターネットによるEコマースサイトとそれに必要なフルフィルメントサービス及び集客・販促支援の総合サービス
 (6)出資内容  : 当社66%、株式会社デジタルガレージ34%

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です