楽天、中国でネットショッピングモール事業を展開へ・中国最大の検索サービス会社の百度と合弁

 楽天は27日、中国最大の検索サービス会社、百度(Baidu、本社北京市)と中国でインターネットショッピングモール事業を行う合弁会社を設立することで合意したと発表した。中国の消費者を対象にしたショッピングモールで出資総額は当初3年間で43億円、出資比率は楽天が51%、百度が49%の予定。ことし後半にはサービス開始を予定している。


 中国のネットユーザー数は2009年で3億8400万人で世界1位という。今後、消費者向けの電子商取引事業の成長が見込めるとして、楽天の日本でのノウハウを生かして、中国で本格的なネットショッピングモールを構築することにした。当面は中国国内から店舗を集め、中国の消費者向けに販売するが、将来は楽天市場との連携を視野に入れ、日本の出店店舗からの商品販売も検討する。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です