博報堂DYメディアパートナーズなど、新聞広告の画像認識でスマートフォンに動画広告の配信サービスを開発

 博報堂DYメディアパートナーズは情報配信などのクウジット(東京・港区)は、新聞広告に記載された専用の画像パターンを認識させ、スマートフォンに動画広告を配信するサービス「A-CLIP ver.1.0」を開発した。

 「A-CLIP ver.1.0」は、画像認識技術を活用したスマートフォン向けアプリケーション「A-CLIP」(エークリップ)を通じて、新聞広告に記載された特定のマークをスマートフォンのカメラで撮影すると、広告掲載商品、ブランドに関連した映像・音声コンテンツを面倒な操作なく、すぐに閲覧できる。また、企業サイトやキャンペーンサイトへ直接リンクすることもできる。
hakuho.jpg

 将来的には電子クーポンを発行・保存することや、スマートフォンの位置情報に連動したサービスの提供も予定しており、生活者の行動範囲を限定せずに新聞広告とスマートフォンとの連動を可能にすることで、クライアントの多様なマーケティングニーズに対応できるとしている。

 「A-CLIP」は、博報堂DYメディアパートナーズの動画変換配信サービス「Rocket Box」とクウジットのAR技術「KART(Koozyt AR Technology:カート)」を利用して開発した。画像認識技術に、KARTを利用することで、QRコードのように接写することなくマーク画像を読み取ることができる。

■「A-CLIP ver.1.0」 サービス概要は下記の通り

企画:
 朝日新聞社、博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂MD開発推進局クリエイティブ企画開発チーム、クウジット

主な使用技術:
「KART」
 カメラで特定の画像パターンを認識し、カメラ映像などの目の前の現実にバーチャルな情報を付加、合成、表示し、インタラクティブに情報をやりとりすることのできるクウジットのAR技術ソリューション。ソニーコンピュータサイエンス研究所で開発されたCyberCode技術を利用しており、マルチデバイスに対応が可能。
「Rocket Box」
 各種の映像素材を位置情報付き映像データベースとして蓄積、配信できる動画変換ASP(Application Service Provider)サービス。

適用端末:
 iPhone3G/3GS(OS 3.1 以上) ※iPhone及びAppStoreはApple Incの登録商標です。

使用アプリケーション:
 「A-CLIP」 2010年1月7日よりAppStoreにて無料ダウンロードが可能

掲載日:
 2010年1月8日 朝日新聞朝刊(東京本社版)

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です