ウェザーニューズ、花粉観測機「ポールンロボ」の設置者募集・花粉予報や対策に活用

weather1215.jpg 株式会社ウェザーニューズ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、花粉症に取り組む「花粉プロジェクト2010」の開始に先立ち、花粉シーズンを通して花粉観測機『ポールンロボ』(写真)を設置していただける方を全国の医療機関や企業、学校、一般家庭などから500名募集します。募集期間は12月 15日(火)から12月20日(日)24時までで、選ばれた500名は、『ポールンロボ』を自宅や会社などの身近な場所に設置し、自動観測された花粉飛散数や気温、湿度、気圧の情報をウェザーニューズに提供すると共に、その日の症状などをリポートで報告します。
 これらの各地から寄せられるきめ細かな情報は、花粉予報や花粉症対策などのコンテンツに反映され、花粉症に悩む方に活用されます。昨シーズンは、『ポールンロボ』を設置した企業は50社にのぼり、医療機関や学校でも多数が参加し、様々な場所で花粉を観測しました。ウェザーニューズでは、来シーズンも花粉の飛散開始前から全国500ヶ所に『ポールンロボ』を設置することで、花粉シーズ到来に向けて体制を整えていきます。

人の呼吸と同じ量を吸引する、花粉観測機『ポールンロボ』
花粉観測機「ポールンロボ」は、自宅や会社などに設置可能な500名に無料で貸与されます。2010年の花粉シーズンに使用する「ポールンロボ」は、2006年の初代機器から今回で5代目となり、4代目から材質を変え、より目が強調されるよう一新しました。「ポールンロボ」は、人の呼吸と同じ量を吸引するように設定され、実際に人が空気中で吸い込む花粉量を計測することができます。
 「ポールンロボ」は、観測する花粉量により、花粉が飛んでいない状態の「白」から、「青」、「黄」、「赤」、「紫」へと5段階に目の色が変化するため、一目で花粉量の状態を確認することができます。また、「ポールンロボ」は、”花粉飛散量”の他に、”気温”、”湿度”、”気圧” も観測し、花粉が飛来しやすい日の判断などに活用されます。
 これらの「ポールンロボ」から得られたデータは、インターネット回線を通じ、ウェザーニューズに自動送信され、インターネットサイトと携帯サイトでリアルタイムに公開される他、花粉予想や事前対策にも活用されます。

募集要項など詳細は同社ホームページ参照
◎http://weathernews.com/ja/nc/press/2009/091215_2.html

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です