来春の花粉飛散量は昨シーズンの半分以下の地域が多い・ウェザーニューズ、来春の花粉傾向

 株式会社ウェザーニューズ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、12月8日(火)、2010年の花粉シーズンにおける全国および、各エリア、都道府県別の”スギ・ヒノキ花粉”傾向を発表しました。本発表は、花粉症に悩む方に、シーズンの花粉傾向を知ってもらい、早めの対策を取ってもらうことを目的に行います。

weater12081.jpg■来春の飛散量の傾向
 スギ花粉の雄花生産量は、前年の夏の天候(日照時間、最高気温、降水量)との相関が高いことがわかってきています。中でも日照時間が雄花生産量と関係が深く、これは光合成によって生産量が多くなるためだと考えられます。
 2009年の夏は、太平洋高気圧の日本付近への張り出しが弱かったため、梅雨明けが遅れ、全国的に日照時間が少なくなりました。さらに、北日本を中心に気温も低く、作物の育成不良など冷害も発生するほどでした。
 このような気象条件から、今シーズンの雄花の生産量は少なくなると予想されます。また、多く飛散した翌年は飛散が少なくなったり(裏年)、少ない年の翌年は多くなったり(表年)と、花粉飛散量は交互に増減する傾向があります。昨シーズンはスギ花粉の飛散が全国的に多かったため、今シーズンは裏年(傾向的に少ない年)にあたると想定されます。
 一方、北海道に関しては、昨シーズンの飛散量(シラカバ花粉)が少なかったため、今シーズンは昨シーズンよりも多く飛散する可能性があります。全国のウェザーリポーターから寄せられるスギの「雄花リポート」を見ると、昨年と比較して今年は、雄花の数が少ないと感じている報告が多く見受けられます。
 スギ花粉の発生源となる雄花の成長具合は、そのシーズンの花粉飛散に大きく影響します。これらを総合的に考慮すると、今シーズンの花粉飛散量は、北海道を除いた全エリアで昨年よりも少なく、ほとんどのエリアで昨シーズンの半分以下と予想されます。
 さらに、2005年からの過去5年間の中でも最も少なくなりそうです。また、スギ花粉症患者の多くがヒノキ花粉にも反応することが知られています。ヒノキ花粉の飛散数は、スギ花粉の飛散数と傾向が似ているため、今シーズンのヒノキ花粉の飛散量も少ないと予想されます。

 
weather12082.jpg■来春の飛散時期傾向
 スギ花粉の雄花生産量は、前年の夏の天候(日照時間、最高気温、降水量)との相関が高いことがわかってきています。中でも日照時間が雄花生産量と関係が深く、これは光合成によって生産量が多くなるためだと考えられます。
 2009年の夏は、太平洋高気圧の日本付近への張り出しが弱かったため、梅雨明けが遅れ、全国的に日照時間が少なくなりました。さらに、北日本を中心に気温も低く、作物の育成不良など冷害も発生するほどでした。このような気象条件から、今シーズンの雄花の生産量は少なくなると予想されます。
 また、多く飛散した翌年は飛散が少なくなったり(裏年)、少ない年の翌年は多くなったり(表年)と、花粉飛散量は交互に増減する傾向があります。昨シーズンはスギ花粉の飛散が全国的に多かったため、今シーズンは裏年(傾向的に少ない年)にあたると想定されます。
 一方、北海道に関しては、昨シーズンの飛散量(シラカバ花粉)が少なかったため、今シーズンは昨シーズンよりも多く飛散する可能性があります。全国のウェザーリポーターから寄せられるスギの「雄花リポート」を見ると、昨年と比較して今年は、雄花の数が少ないと感じている報告が多く見受けられます。スギ花粉の発生源となる雄花の成長具合は、そのシーズンの花粉飛散に大きく影響します。
 これらを総合的に考慮すると、今シーズンの花粉飛散量は、北海道を除いた全エリアで昨年よりも少なく、ほとんどのエリアで昨シーズンの半分以下と予想されます。さらに、2005年からの過去5年間の中でも最も少なくなりそうです。また、スギ花粉症患者の多くがヒノキ花粉にも反応することが知られています。ヒノキ花粉の飛散数は、スギ花粉の飛散数と傾向が似ているため、今シーズンのヒノキ花粉の飛散量も少ないと予想されます。
◎詳細は同社ホームページ参照
http://weathernews.com/ja/nc/press/2009/091208.html

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です