ミクシィ、同級生や母校の友人をみつけやすくする「mixi同級生」を開始

mixi1126.jpg 株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:笠原 健治、証券コード2121)は、本日より、ソーシャル・ネットワーキング サービス(SNS) 『mixi』<http://mixi.jp/>において、同級生や母校の友人をみつけやすくする「mixi同級生」<https://mixi.jp/search_school.pl>の提供を開始いたします。

 「mixi同級生」とは、同級生・先輩・後輩など、学校つながりの友人を『mixi』上でみつけやすくする新機能です。「mixi同級生」により、学校つながりの友人をみつけることが今まで以上に簡単にできるようになります。『mixi』上で同級生とのつながりが復活したり、その友人と「mixiアプリ」などを通じた新しいコミュニケーションが可能となります。

■mixi同級生<https://mixi.jp/search_school.pl>

概要:
「mixi同級生」は、母校や在籍中の学校を登録することで、同じ学校の同級生・先輩・後輩など、学校つながりの友人を、『mixi』上でみつけやすくなる機能です。

登録方法:
学校名、もしくは地図から学校を検索し、各学校区分*1ごとに自身の母校(または在籍校)を登録することができます。登録した学校の情報は、同じ学校のメンバーのみが閲覧可能で、『mixi』のプロフィールには表示されません。
(*1) 学校区分 :小学校・中学校・高等学校・大学・短期大学・大学院・専門学校・予備校・高等専門学校・中等教育学校・その他教育機関。また、登録できる校数は各区分1校です。

閲覧方法:
学校を登録すると、同級生および、先輩・後輩が閲覧できるようになります。
ただし、小学校・中学校・高等学校、高等専門学校、中等教育学校の先輩・後輩の閲覧に関しては、登録された卒業年(見込み)の前後2年までとなります。

また、「mixiアプリ」において、ユーザーの皆さまが、同級生とより多彩に・便利に・楽しく、コミュニケーションが図れるよう、「mixi同級生」と連携したアプリケーション「mixi同級生アプリ」の提供も各社より開始されます。
◎詳細は同社ホームページ参照
http://mixi.co.jp/press/2009/1126/2262

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です