ソフトバンクモバイル、 「Wi-Fi」を内蔵を目玉に冬春モデル・グーグル携帯は来春に

softbank1110.jpg ソフトバンクモバイルは10日、2009年冬から2010年春の新製品で広帯域での通信ができるWi-Fi対応機種を8機種そろえたと発表した。Wi-Fi対応機種はソフトバンクモバイルなどの無線LANを無料で利用できる。また、Wi-Fi対応機種向けに画質・高音質な映画、ドラマ、お笑いなどの動画から、新聞、雑誌まで、さまざまなコンテンツが快適に楽しめるサイト「ケータイWi-Fiチャンネル」を解説する。(写真=シャープ製のAQUOS SHOT「SoftBank 940SH」)

 グーグルの携帯向け基盤ソフト(OS)「アンドロイド」を採用した機種は来春発売の予定。3.7インチ有機EL液晶と1GHzの高速CPUを採用、グーグルの各種サービスを利用できるという。

◎以下同社リリース
 ソフトバンクモバイル株式会社は、携帯電話単体で無線LANを利用した高速パケット通信によりインターネットが快適に利用できる新サービス「ケータイWi-Fi」を、2009年11月中旬以降、対応機種の発売にあわせて提供開始します。

 「ケータイWi-Fi」は、ご自宅の無線LAN※1や公衆無線LAN※2を利用するサービスです。3Gハイスピードに比べて、約7.5倍※3の高速パケット通信(最大54Mbps※4)や約10倍※3の大容量ファイルサイズ(最大100MB)に対応し、携帯電話単体で高画質・高音質な動画などのリッチなコンテンツを通信料無料で楽しむことができます。また、ソフトバンクモバイルの公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」(サービス開始時はソフトバンクテレコム株式会社が提供する「BBモバイルポイント」のエリアのみ利用可能。今後エリアは順次拡大予定)を申し込み不要で無料にて利用でき、簡単な設定を行うだけで、マクドナルド(一部店舗を除く)をはじめ、JRの主要駅や空港、カフェなど全国のアクセスポイントで高速パケット通信をお楽しみいただけます。

 「ケータイWi-Fi」を利用するには、「Wi-Fiバリューパック」への加入が必要となります。「Wi-Fiバリューパック」は、「ケータイWi-Fi」(月額使用料490円)と「ソフトバンクWi-Fiスポット」(月額使用料無料)に、専用のパケット定額サービス(定額料4,410円/月)をセットにしたサービスです。定額でウェブやメールが使い放題となり、無線LAN以外のエリアでも安心してご利用いただけます。なお、2010年12月31日までに加入の場合は「ケータイWi-Fi」の月額使用料が無料となります。

 「ケータイWi-Fi」のサービス開始に伴い、2010年1月31日(日)まで「ケータイWi-Fi」対応機種の本体価格を4,800円値引く「Come On!Wi-Fiキャンペーン」を実施します。

 さらに「ケータイWi-Fi」をよりお楽しみいただくための専用サイト「ケータイWi-Fiチャンネル」をオープンします。詳細は本日発表のプレスリリース「『ケータイWi-Fiチャンネル』の提供開始について」をご覧ください。

 ソフトバンクモバイルでは、「ケータイWi-Fi」(2009年5月19日報道発表時は「ケータイ無線LAN」)を通して、モバイルインターネット環境の向上を図ってまいります。

[注]※1ご自宅で無線LANをご利用になる場合は、ブロードバンド回線の敷設、インターネット・サービス・プロバイダーとの契約、無線LANアクセス機器が別途必要です。なお、すべての無線LANへの対応を保証するものではありません。
※2「ソフトバンクWi-Fiスポット」以外の公衆無線LANサービスをご利用になる場合は、インターネット・サービス・プロバイダーとの契約が別途必要です。なお、すべての公衆無線LANサービスへの対応を保証するものではありません。
※3理論値であり実際とは異なる場合があります。
※4技術規格上の最大通信速度であり、実際の通信速度を示すものではありません。通信環境や混雑状況により通信速度が変化する場合があります

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です