丸文社長に専務の稲村明彦氏が昇格

 半導体専門商社の丸文は社長に専務の稲村明彦氏を昇格昇格させる人事を決めた。昨年秋以降は厳しい経営環境が続いたが、経営合理化を実施し、業績回復のメドがついたことから、経営体制を刷新、組織の活性化を図るとしている。就任は来年1月1日。現社長の左藤敬司氏は代表権のある会長に就任する。


稲村 明彦氏(いなむら あきひこ)氏
学習院大学法学部卒業
昭和44年  当社入社
平成3 年 取締役就任
平成10年  常務取締役就任
平成15年  専務取締役就任(現任)
平成20年  管理統轄、内部統制、国内関係会社、Marubun Taiwan, Inc.担当
東京都出身 62歳

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です