NTTドコモ、ExpressCard型データ通信端末「L-07A」を発売

 NTTドコモ(以下ドコモ)は、FOMA(R)ハイスピード「HSDPA7.2Mbps」、「HSUPA5.7Mbps」に対応し、ExpressCard型FOMAで高速インターネットがご利用いただける、データ通信端末「L-07A」を、2009年11月11日(水曜)より発売いたします。

 

ntt1102.jpg【主な特長】
 1.FOMAハイスピード「HSDPA7.2Mbps」「HSUPA5.7Mbps」の高速データ通信に対応
  ・送信時最大5.7Mbps、受信時最大7.2MbpsのFOMAハイスピードに対応。
   対応エリアではアップロードやダウンロードを快適にお楽しみいただけます。
  ・携帯電話(FOMA)と同じエリアで使えるため、広域エリアで安定した通信が可能。
 2.簡単セットアップで、すぐに使える
  ・ゼロインストール機能により、L-07Aをパソコンに接続するだけで、「通信設定ファイル」と「L-07A接続ソフト」のインストール画面が自動で起動し、簡単に設定できる。
 3.WORLD WING(R)(3G+GSM)対応
  ・パケット通信に対応した世界148の国と地域でデータ通信が利用可能。(2009年11月2日現在)
 4.ExpressCard型とPCカード型のスロット搭載パソコンに対応
  ・コンパクトなExpressCard型を採用。
  ・別売り「PCカードアダプタ L01」を利用することで、PCカードスロット搭載のパソコンでも利用可能。
 5.Windows(R)とMacの両OSに対応
  ・ビジネスユースに欠かせないWindows(R)はもちろん、人気のMacにも対応。多くのパソコンでデータ通信が利用可能。
 6.定額データプランに対応
  ・「定額データプラン スタンダード(バリュープラン含む)」と「定額データプラン64K」に対応。

 販売開始日:2009年11月11日(水曜)<全国一斉>
 販売チャネル:全ドコモ取扱店

◎詳細は商品ページ参照
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/data/l07a/index.html

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です