東芝パソコンシステム、耐環境性に優れた産業用CFカードを発売

 東芝パソコンシステム株式会社(代表取締役:村上周二、本社:千葉市美浜区真砂5-20-7)は、東芝製NAND型フラッシュメモリ(SLC)や国内メ-カ-製コントローラーを搭載した、東芝パソコンシステム製産業用CFカードを本日11月29日に発表します。

 この産業用CFカードは、同一仕様での安定供給が可能なうえ振動、衝撃、粉塵、低高温に対応した耐環境性に優れた組込みデバイスとして、今までハードディスクドライブが使用できなかった組込み製品などにご使用いただくことができます。
 尚、本製品は12月1日~3日にパシフィコ横浜で開催されます「組込み総合技術展(Embedded Technology 2010)」の当社ブ-スに出展いたします。

●産業用CFカードの特徴
・東芝製NAND型フラッシュメモリ(SLC)採用
・国内製コントローラーメーカー採用

●産業用CFカードの利点
・不具合サポート:解析/対策
・バージョン管理 :可
・ディスコン通知 :事前通知あり
・資料:データシート開示可

●産業用CFカードの主な仕様
・容量 256MB / 512MB/ 1GB
・フラッシュメモリ Toshiba SLC
・コネクタ 50pin PCMCIA
・規格 CF4.1準拠
・転送モード 
PIO mode0-6 
Multiword DMA mode0-4
Ultra DMA mode0-6
・属性 Fix Disk
・温度 動作 0℃ to 70℃
 非動作 -20℃ to 85℃
・湿度 動作 0% to 90% (結露しないこと)
 非動作 0% to 90% (結露しないこと)
・消費電流 
Read/Write時 
3.3V : 115mA
5V : 105mA
・スタンバイ時 5mA
・S.M.A.R.T. 対応
・外形寸法 36.4mm × 42.8mm × 3.3mm
・着脱回数 1万回
・その他の標準性能 
■国内コントローラ-採用
■PCカードATAインタフェースサポート
■True-IDEモードコンパティブル
■エラー訂正機能
■独自ウェアレベリングアーキテクチャ採用
■電源遮断耐性強化
■RoHS指令対応

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です