ワイドワーク、超高静圧の小型薄型DC軸流ファン

6025超高静圧ファン-1.JPG

 熱対策ソリューションベンダーの株式会社ワイドワーク(所在地:東京都千代田区、代表取締役 杉山聡司)は、小型薄型にもかかわらず、最大静圧244Paを誇る、大きさが60mm 角、厚さ25mmのDC軸流ファンモ-タ-を発表した。筐体内部が電子部品やケ-ブル、電源などで密集した所にエアフロ-を供給し、冷却性を高めることができる。
今回発表する超高静圧DC軸流ファンの詳細は次の通りである。

【製品特徴】
今回発表したワイドワ-クのDC軸流ファンは、最大静圧244Paを実現していながら、騒音値も48.9デシベルを可能にした。最大回転数は、8400rpm。 除電器や高性能サ-バ-、通信機器、筐体内部の密集箇所の発熱対策、ヒ-トシンクのフィン冷却、高乾燥力・高脱臭力を要求する環境関連産業機器、などの用途を想定している。
【なぜ、静圧が高いと使い勝手が良いのか?】
我が国のOA機器や産業機器は、高い技術力の下、より精密で小型コンパクト化・高機能化しており高性能化にとどまるところがない。その反面、各電子部品が高集積化し、筐体内部が高密度化することで、必然的に筐体の内部は熱を持つことになり、発熱対策が急務となっている。
従来の一般的なDCファン・モ-タ-は、『風量』に着目されがちであったが当社の経験則からいえば、日本国内のエンジニアはいち早く『静圧』に目をつけており、『静圧』の重要性を認識していた。静圧が高い軸流ファンは、風を押し出す力が強いということなので、筐体内部にこもりがちな熱溜まりを押し出してくれる。風量が確保できるだけでは、熱溜まりを押し出すことができず、ただ単に熱溜まりを撒き散らすことになりかねないので、高静圧が要求されるのである。
また、軸流ファンで『静圧』を高めるには、インペラの形状やモ-タ-のバランスなど総合力が求められ、なおかつファン本体が異常に動き回る(ダンシング)や振動ぶれを低減することも求められるので、総合的にバランスが取れた仕上がりとなっている。
【株式会社ワイドワ-クとは】
日本電産株式会社の正規代理店、熱対策事業で15年。
冷却に関する製品(放熱剤、ファンモ-タ-、ヒ-トシンク、CPUク-ラ-など)を、お客様のご要求に合わせて提案する、提案型の企業です。海外製品を日本市場に適したかたちで取り入れることを徹底しており、高品質化と少量生産対応を実現しました。
スカイブ加工技術のヒ-トシンクは、もっとも純度の高い材質です。高密度化する産業機器に最適なオリジナルシャ-シの企画開発も手がけており、少LOTからの生産も承っております。お客様には安心と信頼のサ-ビスを提供することを心がけております。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です