ドリームネッツ、電子出版ASPをビジュアル対応型にバージョンアップ

 インターネットアプリケーションの企画・開発を行う株式会社ドリームネッツ(広島県福山市/代表取締役 井上一成)は、当社が開発提供する電子出版サービス「wook(ウック)」の機能をバージョンアップしました。
http://wook.jp/

「wook」では、電子書籍にしたい原稿の登録方法は
(1)PDFファイル形式からの登録
(2)テキスト(文字)直接入力からの登録
の2種類から選択できます。
 このうち「(2)テキスト(文字)直接入力からの登録」できる機能をこのたびバージョンアップし、本文中への画像(挿絵)の挿入や、文字装飾(サイズ変更、色変更、ルビ設定等)が出来るようになりました。
 以前は、画像は表紙部分のみ挿入が可能で、文字も一定のサイズ、色での入力しかできませんでした。
 今回のバージョンアップで、より実際の書籍のように読みやすい電子書籍を作成できるようになります。
 また、登録フォームには、WYSIWYG(※1)エディタを採用しており、パソコンでのワード文章作成やブログの入力のような手軽な感覚で、原稿を入力すれば、自動的に電子書籍に変換される仕組みになっています。

 なお、このテキスト直接入力からの登録で作成された電子書籍はEPUB(※2)形式で出力できる電子書籍となります。
 ルビ・挿絵挿入に対応したWYSIWIGエディタで作成した電子書籍(EPUB形式)を日本語独自の「縦書き・右開き」で表示できる独自開発のビューアで閲覧できる点は日本初となります。

■wookの特長
個人でも法人でも電子書籍を作成・出版・販売ができるASPサービスです。
作成した電子書籍は実際の本をパラパラとめくるような感覚で読むことができる電子書籍ビューアに変換します。
個人が趣味で書いた小説や絵本、写真集なども一般の書籍と同じ感覚で閲覧できる電子書籍にすることが出来ます。
電子書籍中のテキストや図から外部サイトへリンクすることも可能、多目的な用途に利用できます。
また、電子書籍をネット上で紹介するためのwebページも同時に自動生成され、読者へのメッセージや作者紹介などの情報発信が出来ます。

・PDFファイルの登録か、テキストをフォームへ直接入力することで、電子書籍の作成が可能。
・システム内に決済機能を搭載、利用者(作者)が価格を自由に決め、電子書籍をネット上で有料販売出来る。
・電子書籍端末での利用に便利なEPUB形式でのダウンロードも可能。
・当社独自の「縦書き・右開き」で閲覧できるEPUBビューアを搭載、小説の雰囲気を損ねることなく閲覧出来る。
・電子書籍の閲覧は、パソコンの他、iPhone、iPadからの閲覧にも対応。

■wook利用概況(2010年9月24日現在)
・利用ユーザー数:283ユーザー(個人143、法人140)
・登録ブック数:477タイトル

■用語解説
(※1)WYSIWYG(ウィジウィグ):入力画面に現れる表示と、実際にwebページとして閲覧する画面(出力画面)との表示を一致するように表現する表現。
(※2)EPUB(イーパブ):米国の電子出版関連弾劾IDPFが開発した電子書籍の形式。電子書籍をダウンロードして、閲覧するためオフライン環境でも閲覧が可能。

【会社概要】
■会社名:株式会社ドリームネッツ  http://www.dreamnets.co.jp/
■本社:〒721-0907広島県福山市春日町1-6-51 TEL084-940-6735
■代表者:代表取締役社長 井上一成
■事業内容:電子書籍作成&出版サービス「wook」、ECサイト開発プラットフォーム「ABROAD」、ビジネス専用ブログサービス(CMS)「dreamaASP」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です