ユニデン、FM放送対応した地震津波警報機「EWR200」を発売

umidem.jpg ユニデン株式会社(東証一部:6815、本社:東京都中央区、代表者:山下 兵衛)は、2010年8月30日よりFM放送のEEW/EWSに対応した地震津波警報機<EWR200>を発売いたします。
 今回発売する<EWR200>は、FMラジオ放送の「緊急地震速報(EEW)」ならびに「緊急警報放送(EWS)」を常時監視して、いずれかの警報音を検知した際にラジオ音声とLEDフラッシュライトの点滅で知らせる機器です。

 初期設定はFMラジオの受信設定と音量設定のみと非常に簡単で、初期費用や月額利用料など不要なため手軽に導入できます。また、バッテリーも内蔵しており停電時も安心です。

 ユニデンでは、地震津波警報機を通じて、災害による被害を軽減し安心した生活を送るための防災製品の普及に努めて参ります。

■緊急地震速報(EEW)とは
 地震波が2点以上の地震観測点で観測され、最大震度が5弱(*1)以上と予測された場合に気象庁が発表する予報および警報です。地震の大きな揺れが始まる数秒から数十秒前に、その到達時刻と震度を推定し、事前に通知することを目的としています。
*1:各放送局により放送する震度が異なります。

■緊急警報放送(EWS)とは
 大地震や津波などの災害発生をいち早く伝える放送です。災害が発生した際に、テレビやラジオから「ピロピロ」という警報音を発し、災害の発生と災害情報をいち早く知らせることを目的としています。

 品名:地震津波警報機
 品番:EWR200
 JAN:4954355205923
 価格:オープン
 発売日:2010年8月30日

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です