日本旅行、とトリップアドバイザーと訪日観光客向けの宿泊施設の予約業務で提携

      (株)日本旅行(本社:東京都港区、社長:丸尾和明、以下日本旅行)は、世界最大級の旅行クチコミサイト「TripAdvisor(R)」の日本法人であるトリップアドバイザー(株)(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山本考伸、以下トリップアドバイザー)と、訪日観光客向けの宿泊施設の予約業務で提携し、海外の19カ国のTripAdvisor上に、日本旅行のインバウンド向け宿泊予約サイト「英語版・宿なび」( http://www.ntainbound.com/ )が持つ、約1500軒の国内宿泊施設の予約情報の掲載を開始しました。

 日本旅行とトリップアドバイザーは、すでに国内旅行客を対象にした宿泊予約業務で提携しており、昨年2月よりTripAdvisorの日本語サイト( http://www.tripadvisor.jp )上に、日本旅行が管理する「宿ぷらざ」の国内約5500軒の宿泊施設の予約情報を掲載してきました。今回の提携は、日本語サイト以外の海外のTripAdvisorサイトに英語圏(*)からアクセスしたユーザーが対象で、「英語版・宿なび」に登録されている約1500軒の国内宿泊施設の予約情報が、TripAdvisor上の各施設の口コミページからリンクされ、日程や人数などを入力することで、空き室状況や料金の確認、客室の予約などが英語で可能となりました。

 トリップアドバイザーは、米国、英国、オーストラリアなど英語圏の国々の旅行者の間で大きなシェアを有しており、日本の宿泊施設に対しても、数多くの英語の口コミが掲載されています。一方、日本旅行の「英語版・宿なび」は、約1500施設、1万2000件の幅広い宿泊プランが提供されており、英語による施設の詳細な情報などを参照しながら海外からでも簡単に予約をすることが可能です。今回の提携により、長期の自由旅行が主流となる欧米の訪日旅行計画者に対して、より多くの情報や選択肢が提供されることとなり、より旅行者の希望に沿った宿泊施設を選べるようになるものと期待されます。

* 米国、カナダ、英国、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、香港、インド、台湾、フィリピンからアクセスしたユーザーを、IPアドレスにより選別

 ※以下、リリースの詳細は添付の関連資料を参照リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です