ユーストリーム、日本の音楽著作権3団体と包括的な利用許諾契約

 動画配信サービスの米ユーストリーム(USTREAM)の日本法人、ユーストリーム・アジアは6日、USTREAM内での楽曲使用について、日本の音楽著作権管理の主要3事業者とと包括許諾契約を結んだ。ユーストリームは日本音楽著作権協会、ジャパン・ライツ・クリアランス、イーライセンスの3事業者に使用料を支払い、ユーストリームの利用者は、JASRAC、イーライセンス、JRCが管理する楽曲を演奏することや、演奏に合わせて歌う映像などを配信できるようになる。


 同日、ユーストリームはスマートフォン向けのアプリケーション「USTREAM Viewer(ユーストリーム ビューアー)」と、「USTREAM Broadcaster(ユーストリームブロードキャスター)」の日本語版の提供を開始した。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です