NTTドコモ、「SIMロック」解除へ--ユーザーの利点は

 NTTドコモが、特定の通信回線でしか使えないように制限をかける「SIMロック」について、来年4月以降に発売するすべての携帯電話端末に解除できる機能を搭載する方針をあきらかにした。SIMロック解除が可能な携帯なら、ユーザーは電話番号などの情報が記録された「SIMカード」を入れ替えれることで、他社の回線に乗り換えることができるようになる。総務省も「SIMロック」解除を求め、ドコモも利用者のニーズに対応したというというが、ドコモのねらいは急追するソフトバンクにあるのは明らか。ユーザーの利点がどこにあるのだろう。

 日本の携帯はガラパゴス市場といわえるように世界から孤立して独自の進化をとげてきた。キャリアが端末開発の主導権を握り、キャリアが独自のサービスを提供しやすいように端末も設計されている。KDDIは通信手法も異なる。「SIMロック」の解除でガラパゴス状況から脱出し、ドコモのimodeといった独自サービスは廃止していくのだろうか。3社が独自のサービスを止めるとも思えないし、3社の通信料金が安くなることも現段階では考えづらい。

 ドコモがいち早く「SIMロック」解除の方針を打ち出したのは、解除が進めば他社からドコモへの移行が進むという期待からのようだ。利用者として期待するとすれば、キャリアからネットワークを借りて携帯サービスを提供する企業の登場だ。「SIMロック」解除でいわゆるサードパーティの企業は端末開発のコストがかからないので、思い切った通信料金でサービスを提供できる可能性がある。サードパーティの躍進により、料金が下がることを期待したい。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です