トヨタホーム、ネット上の3次元仮想都市に展示場

   トヨタホームは、インターネット上の3次元仮想都市「トヨタメタポリス」「トヨタホーム・バーチャル住宅展示場」を開設した。トヨタホームのPRとネット営業活動の基盤強化が目的で、住宅の購入検討者が、実際の展示場に足を運ばなくても、インターネット上の3次元画面でトヨタホーム商品の屋外・室内を、現実のモデルハウスと同様に歩き回り、見学できる。バーチャル住宅展示場にはユーザーが検討できるように、価格、間取り、内外装の色や水廻り設備を変更・検討ができるシミュレーション機能などを備えた。

   具体的に住宅購入の検討を希望する客には、トヨタホームの販売エリアごとに準備を進めている実物の分譲モデルハウスの見学や、営業スタッフが対応する実棟見学の予約や商談の予約ができる。

 トヨタメタポリスは 「meet-me」という東京23区が再現されたインターネット上のバーチャル都市の一角にあり、トヨタ自動車が未来のカーライフをテーマに運営する体験型バーチャル施設群。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です