ソフトバンク、30年後の時価総額は200兆円に

 ソフトバンクは2040年に向けた「ソフトバンク新30年ビジョン」を発表した。現在2兆7000億円の時価総額を30年後に200兆円を目指している。国内外の優れた企業と連携するとともに、グループ企業は現在の800社から5000社に拡大する考えを示した。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です