任天堂、新携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」を米・E3ショーで公開

nintendo3d1.jpg 任天堂はロサンゼルスにて開催されました世界最大のビデオゲーム展示会であるE3ショーで、裸眼で3D映像のゲームが楽しめ、ニンテンドーDSシリーズの後継機となる新ゲーム機「ニンテンドー3DS」を、初公開した。「ニンテンドー3DS」は今期中(2011年3月末まで)に世界の主要市場で発売する予定ですが、発売日と価格については販売各地域で発表するとしている。

▽同社発表の概要は下記の通り
E3では来場者の皆様に「ニンテンドー3DS」を実際に体験していただくことになりますが、その様子や当社発表情報は以下の特設サイトにてご確認いただけます:

 ・任天堂 E3 2010情報 http://www.nintendo.co.jp/n10/e3_2010/

nintendo3d2.jpg 3D映像の採用により、ゲームの見た目に臨場感が加わるだけではなく、奥行きのあるゲーム世界の中での距離感や位置関係を認識しやすくなり、より没入感にあふれるゲーム体験が実現できます。また、ニンテンドーDSシリーズから採用したタッチスクリーンやマイク入力に加え、アナログ入力可能なスライドパッド、モーションセンサー、ジャイロセンサー、カメラによる画像認識等の組み合わせにより、これまでになかった新鮮な操作感覚が実現できます。ニンテンドー3DSで強化される通信機能は、スリープ中に他のニンテンドー3DSやWi-Fiアクセスポイントと自動的に通信し、同時に複数のゲームの「すれちがい通信」を可能にするほか、Wi-Fiアクセスポイントのある場所でニンテンドー3DSを起動して能動的な操作をすることなく、インターネットとの連携によるサービスを自動的に実現します。

 当社はニンテンドー3DSで娯楽の新たな進化を目指し、これからも更なる「ゲーム人口の拡大」を実現してまいります。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です