ドリームネッツ、個人でも電子書籍を出版販売できるASPサービスを開始

dreamnets.jpg インターネットアプリケーションの企画開発のドリームネッツ(広島県福山市)は、個人でも電子書籍を出版、販売できる電子出版ASPサービス「wook」(ウック)を10日から始める。「wook」(ウック)で作成した電子書籍はパソコンだけでなくiPhoneやiPadでの閲覧にも対応する。個人向けに電子書籍の作成から書籍の販売までの機能を提供するシステムは日本初のサービスという。
電子出版ASPサービス
 「wook」 http://wook.jp/

■電子出版ASPサービス「wook」(ウック)の特徴:
・電子書籍の作成からインターネット上の公開、販売までの全ての機能を搭載しています。
・PDFファイルから電子書籍を作成します。管理画面からPDFファイルを登録すると自動的に電子書籍に変換される仕組みです。
・書籍紹介・販売ページの設定管理等、全ての操作がwebブラウザ上で完結(簡易CMS機能付)。
・電子書籍の閲覧はパソコンおよび、iPhone、iPadに標準対応(ブラウザ閲覧)。

■電子出版ASPサービス「wook」(ウック)概要:
・名称:電子出版ASPサービス wook(ウック)
・発売日:2010年6月10日(木)
・対象ユーザー:法人・個人問わず(個人は審査あり)
・利用価格:初回1ヶ月間は無料で利用可能。
 [個人ユーザー]販売機能付き・容量1G、初期費用ナシ・システム利用料12,000円/年
            販売手数料=書籍価格の40%
 [法人ユーザー]
  プラン1)販売機能ナシ、容量5G =初期費用20,000円・システム利用料 120,000円/年
  プラン2)販売機能付き、容量5G =初期費用20,000円・システム利用料 180,000円/年
  販売手数料=書籍価格の25%
  プラン3)スポット出版(1冊のみ)販売機能付き、初期費用50,000円 システム利用ナシ
       PDFデータ提供後の電子書籍化と紹介販売WEBページはドリームネッツが制作
       販売手数料=書籍価格の40%
 ※販売手数料にはクレジットカード決済手数料・トランザクション料が含まれています。

■目標数:
 初年度200社または200ユーザーの登録・利用

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です