ソフトバンクグループ、定額料金で楽しめるiPadなど向けコンテンツ配信サービス「ビューン」を開始

 ソフトバンクグループのビューン(東京・港区、蓮実一隆社長)は31日、アップルのiPad、iPhone、iPod touch、とソフトバンク携帯電話で、30以上の新聞や雑誌、テレビニュースなどが定額料金で楽しめるコンテンツ配信サービス「ビューン」を6月1日から開始すると発表した。閲覧できるコンテンツは、ニュース、ビジネス、ファッション、グルメ、モノ、旅、スポーツ、ファミリー向け情報など各ジャンルを代表するもコンテンツで、年齢性別を問わず誰でもでも楽しく便利に利用できる。

 iPad、iPhone、iPod touch向けサービスについては、コンテンツを閲覧できる無料アプリケーション「ビューン」をApp Store( http://www.itunes.com/appstore/ )で提供する。ソフトバンク携帯電話向けサービスについては、ソフトバンクモバイルを介して提供、ソフトバンク携帯電話取扱店などでも利用を申し込める。利用料金は月額制でiPadが450円、iPhoneが350円、ソフトバンク携帯電話が315円。

▽同社発表の「ビューン」の特長は下記の通り

1)iPad 向け特別編集版の新聞

 毎日新聞、西日本新聞、スポーツニッポンについては、「ビューン」限定のiPad 向け特別編集版を配信します。特別編集版の名称は、毎日新聞が「Mainichi iTimes(マイニチ アイタイムズ)」、西日本新聞が「先読みPICK UP」、スポーツニッポンが「Sponichi i(スポニチ アイ)」です。なお、「先読みPICK UP」は、iPhone とiPod touch でもご覧いただけます。

2)雑誌は発売日当日から誌面そのままで
 ほとんどの雑誌で発売日当日から主要な記事が配信され、順次更新されていきます (配信開始のタイミングや分量は、雑誌によって異なります)。また、すべての対応端末で、誌面そのままのレイアウトでスムーズに閲覧いただけます。

3)最新の動画ニュース
 日本テレビ放送網のニュース専門チャンネル「日テレNEWS24」の最新ニュースを、動画とテキストでご覧いただけます。

4)30 日間の無料期間
 iPad、iPhone、iPod touch は利用開始から30 日間、ソフトバンク携帯電話は利用開始から1 カ月間、無料でご利用いただけます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です