KCCS、「ITマネジメントセンター」を新設、ITアウトソーシング事業を強化

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 小林 元夫 以下KCCS)は、「KCCS ITマネジメントセンター」を2011年2月2日に開設いたします。
 現在、企業の情報システムは、自社内の環境だけでなく、外部のデータセンターやクラウド環境などに分散しています。そのためITの運用が複雑で膨大となり、運用負荷が増加する一因となっています。また、システムの導入から廃棄までの過程において、IT資産の利用状況や技術の変化に合わせた最適化が常に求められています。さらに、情報システムの利便性向上や運用コストの低減を図ることも課題となっています。

 KCCSでは、このような課題を解決するため、お客様のIT環境を改善する戦略の策定、設計からシステムの統合に伴う移行、運用、継続的改善までをトータルでサポートするITライフサイクルマネジメントサービス「GreenOffice LCM」を提供しています。これによりIT運用の可視化と品質向上、お客様の負荷の削減、さらにコストの低減をご支援しております。
この度開設する「KCCS ITマネジメントセンター」は、システム構築と運用のエンジニアが集結し、「GreenOffice LCM」を提供する拠点となります。さらに、KCCSのデータセンターはもとより、お客様環境やクラウド環境の一元管理を24時間365日の体制で行い、より高度な運用と迅速な問題解決を図ります。
■「KCCS ITマネジメントセンター」概要
名    称 KCCS ITマネジメントセンター
開  設  日 2011年2月2日
売 上 目 標 10億円/初年度( GreenOffice LCMの売上として)
詳細情報 http://kccs.co.jp/greenoffice_lcm/center.html
 今後もKCCSは、IT運用に関わるお客様の課題解決に向けて、「KCCS ITマネジメントセンター」を基盤に提供する「GreenOffice LCM」のサービスメニュー拡充に取り組んで参ります。また、お客様のビジネスパートナーとして、業務視点に立ったご提案を行い、運用の最適化をご支援いたします。 
<<GreenOffice LCMについて>> 
 KCCSは設立以来、「地球環境に配慮したオフィスの生産性向上のための、新しいワーキングスタイルの提案」をコンセプトとした「GreenOffice」ブランドのもと、各種製品・サービスを提供してきました。今回提供する「GreenOffice LCM」により、お客様はシステム運用の負荷軽減と運用コストの削減が可能となり、よりお客様本来の業務に専念できます。また、IT資産の棚卸しや正確な情報管理が可能となることで、IT資源の有効活用と内部統制や情報セキュリティの対応を強化することができます。本サービスを通じて、IT運用に関わる方々のワークライフバランスを実現する”IT運用のベストパートナー”を目指します。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です