イーウェーヴとJSCの合併後の社名はMinori ソリューションズ、社長にイーウェーヴ社長の滝澤正盛氏

 ジャスダック上場で金融向け情報サービスのJSCは4月1日にシステム開発のイーウェーヴと合併するのに伴う新体制を発表した。新社名は株式会社Minori ソリューションズで、社長にはイーウェーヴ社長の滝澤正盛氏が就任する。滝澤氏は合併に先立ち、2月に予定されている株主総会の承認を得たうえで、JSCの社長に就任、新体制構築を進める。JSCの長澤信吾社長は代表権のある副社長に就任の予定。

 新社名の「Minori」は、粒が集まって集団を形成する稲穂をイメージしたもので、実を結ぶ、果実が実ることを意味し、合併後の新体制で、全社員が結集し、一体となって企業価値の向上を目指し、成果をあげるという思いを込めたという。

滝澤正盛(たきざわ まさもり)氏
昭和45年 日本電気エンジニアリング入社
昭和48年 松本計算センター(現ソラン株式会社)入社
昭和61年 同社取締役
昭和63年 フライト(現株式会社イーウェーヴ)設立 同社代表取締役社長
平成18 年 名鉄システム開発(現株式会社イーウェーヴ)代表取締役社長
平成18 年 トータルシステムソリューション株式会社取締役
平成19 年 イービックス(現株式会社イーウェーヴ)代表取締役会長
平成21 年 イーウェーヴ代表取締役社長執行役員(現任)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です