JTBが首位、JR各社など運輸やサービスが人気・リクルートの大学生の就職志望企業ランキング

 リクルートが7日発表した2011年春卒業予定の大学生の就職志望企業ランキングによると、総合ランキングでJTBが昨年トップの東海旅客鉄道を抜いてトップになった。上位10位をみると、金融系が後退し、東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドが昨年の18位から6位に順位をあげるなど運輸、レジャー関連の人気の高さを印象付けた。金融では三井住友が7位、みずほFGが8位、三菱東京UFJは昨年に比べ順位を4つさげ10位に。また、安定志向の強まりの影響か明治製菓が7位になるなど食品各社がランキングを上げている。


 男女別では男性は東日本旅客鉄道が1位、2位が東海旅客鉄道、3位JTB、4位西日本旅客鉄道とJR関連が人気が高い。三菱UFJ信託銀行が昨年の8位から20位に、パナソニックが6位から16位に順位を落とすなど金融や輸出関連の有力企業が後退した。女子はJTBが圧倒的な人気、鉄道、サービス系の人気が高いのは男子と同じ傾向となっている。
詳細はリクルートホームページ参照
http://www.recruit.jp/

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です