楽天、インドネシアにおいてEC事業参入・現地の有力メディアと合弁

 楽天は26日、全国ネットのテレビ局3局を運営するインドネシア最大の複合メディア企業のPT Global Mediacom Tbk (本社:インドネシア ジャカルタ)と合弁企業を設立し、インドネシアでインターネット・ショッピングモール事業を展開すると発表した。出資比率は楽天51%、Global Mediacom 49%の予定で合弁企業の設立、サービス開始は年後半という。

 Global Mediacomは、インドネシアにおいて圧倒的な影響力を持つ複合メディア企業で、全国ネットTV放送局のほか、「Indovision」および「Top TV」のブランドで運営する有料放送TV局、また国内2位の新聞「Seputar Indonesia」および国内3位の新聞、最大規模のラジオ局、ページビューで国内3位のインターネットのニュースポータルサイト「Okezone.com」まで、幅広いメディア事業を展開している。

 インドネシアは、人口(2億4000万人)は世界第4位、インターネットユーザーも3300万人でASEAN諸国ではトップであり、今後、加速度的にEC市場が成長することが予想されている。同国において高い知名度とマーケティング力を有するGlobal Mediacomと日本で最大のインターネット・ショピングモールを運営する楽天のノウハウを組み合わせることで、インドネシアでのNO.1のインターネット・ショッピングモールの構築を目指す。

 当初はインドネシア国内からの出店店舗を募り、同国の消費者向けに商品を販売。中長期的には日本の楽天市場、さらには既に進出している楽天市場台湾、タイのTARAD.com、また今後開設予定である百度との合弁企業による中国でのインターネット・ショッピングモールや本年6月末に買収予定の米国Buy.comとの連携を計画しているという。

▽同社発表の合弁事業の概要は下記の通り。

(1) 事業内容
インドネシアでのインターネット・ショッピングモール運営

(2) 出資予定額
約384百万円 (100ルピア=0.97円で換算)

(3) 出資比率
楽天 51%、Global Mediacom 49%

(4) 代表者
楽天から派遣(予定)

▽ PT Global Mediacomの概要
(1) 商号
PT Global Mediacom Tbk.

(2) 事業内容
複合メディア事業

(3) 設立年月日
1981年6月30日

(4) 本店所在地
Jl. Menara Kebon Sirih Kav. 17-19, Jakarta 10340

(5) 代表者
Hary Tanoesoedibjo (ハリー タノエソエディブジョ)

(6) 資本金
7兆ルピア (2009年12月末)

(7) 従業員数
7,428名 (2009年12月末)
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です