横浜商科大学の全学生、教職員にiPhone・ソフトバンクBBのクラウド型の次世代ラーニングシステムを整備

 横浜商科大学(神奈川県横浜市鶴見区、理事長:松本 英二)は、平成22年4月より在学する全学生と全教職員を対象に「iPhone(TM) 3GS」(アップル社製)を1,700台導入し、ソフトバンクBB株式会社(東京都港区、代表取締役社長:孫 正義)が提供するクラウド型の次世代ラーニングシステムA’OMAI(アオマイ)を整備します。これら大学教育における先進的なICT基盤を推進することにより、学生の方々に創造性に富み、実学に基づいた教育環境のさらなる充実を図ります。iPhoneを大学の全学生・教職員に無償貸与するのは、横浜商科大学が国内初となります。

 横浜商科大学は、商学科、貿易・観光学科、経営情報学科の3学科からなり、民間出身の教員も多く、実際の企業社会に即した講義を行っています。また、「まちづくりとデザイン」、「地域起業のファイナンス」などオリジナル講義をはじめ、資格取得における受験対策講座や奨励奨学金といったサポート体制を充実させ、「専門性」と「実学」を重視してまいりました。

 今回、社会で急速に進化するICT基盤において、その変化に順応した新しい時代を担う人材を育成することや、キャンパスライフの充実にも配慮し、最新機能のモバイル機器でモバイル・コミュニケーション・ネットワーク社会を体感できる環境が重要であると考え、「iPhone 3GS」の全学生・教職員への無償貸与を決定しました。

 ソフトバンクBBはiPhone導入の支援に加え、iPhoneを用いたソリューション活用の促進を目的に大学内でWi-Fiネットワークを利用できるようにするため、同ネットワーク環境の整備を支援します。さらに、PCとモバイルでシームレスに学習することが可能なクラウド型次世代ラーニングサービス「A’OMAI(アオマイ)」を提供し、教員が講義資料などをアップロードしたり宿題をeラーニングで課すなど、学生がいつでもどこでも学習できる環境も整備することで、横浜商科大学におけるICT基盤の充実化をサポートしてまいります。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です