ウェザーニューズ、ミニストップに7万人の体感を活用した「商品発注最適化支援サービス」を提供

  ウェザーニューズは、コンビニエンスストアを始めとする流通小売業向けのサービス「商品発注最適化支援サービス」をヴァージョンアップし、22日にミニストップの全国2021店舗に提供を開始する。ウェザーリポーター約7万人から毎日寄せられる 「蒸し暑い」などの体感情報を取り入れた「新WNI体感指数」、桜の開花など季節や気象と売れ筋商品をタイムリーにわかりやすくまとめたコンテンツ「豆知識」など、経験の浅い発注担当者でもわかりやすく、チャンスロスや廃棄ロスの少ない効果的な発注を可能にするという。

minisutop.jpg

▽同社のサービス概要は下記の通り

◎全国7万人のウェザーリポーターから毎日寄せられる肌感覚=「体感」を活用

 新サービス「新WNI体感指数」は、ウェザーニューズが運営する個人向けモバイルサービス「ウェザーニュース」のウェザーリポーター7万人から毎日寄せられる体感情報を活用し、店舗に来店するお客様により近い「体感」情報を提供します。
人間の肌感覚=体感を捉えることによって効果的な発注を実現することができることから、当社では13年前より「WNI体感指数」をコンビニエンスストアや大手スーパーマーケットなどに提供しています。この「WNI体感指数」は 「蒸し暑い」、「非常に寒い」などわかり易い表現を用いて、人間の肌感覚を5ランクに分けて提供。また、毎月都道府県単位で体感の表現を変更し、担当者が行う発注の最適化を支援してきました。
「新WNI体感指数」はそれをヴァージョンアップし、ウェザーリポーターから送られてくる「朝よりだんだん暖かくなってきました」「急に風が強くなり寒く感じます」などのリポートを活用することにより、より来店するお客様の肌感覚に近い体感情報を提供でき、更にロスの少ない発注を支援することが可能になりました。

◎経験の浅い発注担当者でも効果的な発注を可能にする「豆知識」

コンビニエンスストアにおいて、気象情報を活用した発注は一般的なものとなっていますが、有効活用するには発注担当者の経験、ノウハウなどが必要です。
そこで当社は、初めて気象情報を使う発注担当者にも簡単でわかりやすく、「気象のポイント」、「発注時の注意点」などをわかりやすいビジュアルでまとめた「豆知識」を2008年よりコンビニエンスストア向けに提供を開始しました。
今回ミニストップに提供する「豆知識」は、当社とミニストップマーケティング担当とが毎月ミーティングを実施し、POSデータから見た売れ筋商品などを追加することで、更にわかりやすくなり、担当者の効果的な発注を可能にします。
尚、この「豆知識」は毎月約10のコンテンツを作成し、配信していく予定です。

<豆知識コンテンツ例>
3月:桜の開花、新生活開始、花粉対策、三寒四温 など
4月:行楽シーズン、お花見、春の強い風、気温日較差 など
5月:ゴールデンウィーク、新緑、五月病、真夏日初日 など

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です