中小零細の倒産が増加・東京商工リサーチの2009年の企業倒産状況

 東京商工リサーチが13日発表した2009年の全国企業倒産状況によると、倒産件数は前年比1%減の1万5480件だったが、資本金1000万円未満の中小企業の倒産は3.9%増加した。倒産原因は販売不振を中心とする「不況型」が過去最高の79.3%を占めた。業種別では製造業が前年比11.8%増と製造業の不振が目立っている。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です